記事一覧

様々な治療があります

視力検査

目を休めることも大事

視力は加齢とともに衰える傾向にありますが、スマートフォンやパソコンなどで目を酷使することが多い時代ということもあり、若い世代にも視力の衰えで悩む人は増えています、視力回復のためには目を休めることも大事ですので、目を閉じたり、瞼を温めるなどのケアも行ってみましょう。ピントを調節する毛様体筋が衰えることも視力の低下につながりますので、視力回復のためには毛様体筋を鍛えるストレッチなども取り入れていきたいところです。かつては、治療を行っても大幅な視力回復は難しいとされており、視力の矯正には眼鏡やコンタクトレンズを使うことがほとんどでした。眼科の治療も日々進化しており、今では劇的な視力の回復が期待できる治療方法も登場しています。レーシックは特に有名な視力回復治療で、角膜にレーザーを照射し屈折力を変化させていきます。手術には抵抗があるという人にはオルソケラトロジーと呼ばれる治療もあります。通常はコンタクトレンズは日中に着けて、寝るときは外しますが、オルソケラトロジーでは逆に眠っている間にレンズを装着し角膜の形状を矯正していきます。そして最近ではより高度な視力回復治療を取り入れた眼科も登場しています。こうした治療を受けることで大幅な視力改善が期待できますが、高い技術力の必要な治療ですので、まずは医療機関の情報はよく調べておきましょう。治療前にはカウンセリングや検査が行われ、それぞれに合う視力回復法が提案されます。