記事一覧

手術しないで遠くが見える

女性

子供の頃の視力を取り戻す

日本人は眼鏡をかけている人が非常に多いと言われている。眼鏡は視力を補助してくれるが、それではどんどん目の力は落ちていき視力は落ちていく。決して根本的な視力回復にはつながらない。こうした中で、最近ではレーシックなどの手術も生まれてきた。しかしレーシックは目のレンズに切り込みをレーザーで入れたりするため手術費用も30万円以上と高額になるし、危険性も指摘されている。ばい菌が入って可能してしまったり、手術に失敗してしまうケースもあったりするそうである。そこで最近登場し、成果をあげているのが視力回復トレーニングである。市販の教材でも、目の筋肉を鍛えるサングラスや、見ると目を鍛えられる絵などが販売されており、効果をあげている。しかも筋力のトレーニングだから、副作用などもない。視力回復センターではこれらのトレーニングをより科学的に行い、確実に成果をあげる取り組みがされている。費用も月1万円〜3万円で行うことができる。最近は普及のために入会金を半額にしたり無料にしたりしているところもあるので、利用してみるのも方法である。トレーニング内容としては、機械などに従って目を動かすことによって筋力を鍛えたりしてトレーニングすることが多い。また目の入る入り口を大きくしたり小さくしたりするトレーニングを光を使って行ったりもする。コンピュータと専門家によるプログラムにより、市販のトレーニングよりも数段の効果をあげることができている。これまで視力回復をあきらめていた人も是非試してみることをおすすめする。